考えてお返しする

結婚祝いを戴いた場合には、その金額の半額相当はお返しする事がマナーです。何をお返しすれば喜んでもらえるのかと頭を悩ませることになりますが、思いつくものがなければ食品をプレゼントすると良いでしょう。お返しする相手の家族構成を思い浮かべてください。子育て世代であれば、子供も喜ぶことができるようなスイーツやジュースにすると良いです。この場合、自分では購入する事のないような商品を選ぶと良いでしょう。無添加に拘った物であれば、子育てをしている世帯に喜んでもらうことができるはずです。結婚祝いは、送った側も費用を工面してくれているので、それぞれの家族構成やライフスタイルなどを考えてお返しをすると気持ちが伝わりやすくなります。

結婚祝いは一般的にご祝儀として現金を送ることになりますが、金銭的な余裕がない場合には無理をする必要はありません。その代り、趣味や特技を活かして手作りの物を結婚祝いとしてプレゼントすると喜ばれるでしょう。気持ちになるので、お返しは必要ないと一言そえると受け取った側も困ることはありません。 ご祝儀を戴いてお返しが必要になる場合に何をお返しすれば良いかわからない時に重宝するのがカタログギフトです。自宅に送り届けて、じっくりと選んでもらうことができるので必要な物を相手が選ぶことができます。カタログギフトの価格帯も様々な物があるのでデパートや贈答用品店で実際に調べて選ぶことができます。また、手紙や電話などで感謝の気持ちを伝えることも重要です。